STATMENT

『旅』という非日常の世界で得たインスピレーションは、

写真家である前に一人の地球に生きる人間として、​大切なことだった。

ユーラシア大陸最果ての国ポルトガルの旅でいくつかの出来事が重なり、

一つの言葉の光が私の中に響いた

それは、この星からのメッセージだった。

​私たちの笑顔の足元にあるもの

色々な人間の感情が渦巻く昨今、地球規模では今色々な事象が起きている。

 

今の自然災害は様々な人間活動が地球を汚染し、

地球が再生のバランスを保つ為行われた事象(自然災害など)。

人間・経済優先で自然を敬う畏敬の念がなくなり採取。

その代償は形と時空を変え、私たちに『回帰』する。

私たちが忘れてしまった『何か』を気づくまで、

これでもか、これでもか・・・と。

 

 

大好きな国を旅し人々の笑顔を画面におさめるはずだった地で、

何かに導かれるかの様に色々な出来事に出会った。

その出来事達の点と点が一つの線となり、

その瞬間、ある言葉の光が全身を走った。

 

『生かされている・・・(地球に)』

 

もう分かりきっていることかもしれないけれど。

笑顔も大切、でもその前に私たちの足元にはもっと大切な存在があった。

しかしあまりにも大きすぎて、目の前の情報が多すぎて、

その存在が遠く、見えなくなってしまっている。

私もその一人だった。

『地球の自然の恵みの恩恵で、私たちは生かされ生きている。』

空気・水・大地の恵の穀物・・・などなど。

しかし『当たり前の便利な日常生活』に目隠しされ、感謝がなくなった私たちに、

地球は警鐘を鳴らしつづけている。

 

今、全世界で環境問題改善に対する様々な活動が行われている。

その全ての行動の前に、

 

 ”地球にありがとう!”

 

感謝の『気持ち』を持つことが何よりも一番大切なのかもしれません。

人に何かしてもらったら、”ありがとう”と言うのと同じ様に。

地球の恩恵にありがとうの『気持ち』があれば、自然と行動も変わる。

節電して少しでもCO2減らしたり、

食品ロスへの行動になりにくいのかもしれません。

様々な情報が所狭しと渦巻く日本を離れ、広い世界へと飛び出す。

旅をかさねればかさねるほど、頭の中の余分な情報はそぎ落とされ

物事がシンプルにクリアーに見え、地球の声も聞こえてくる。

写真家である前に、一人の人間として旅が気づかせてくれた。

 

旅の写真と共にほんの少しでも何か感じていただけたら、

未知の世界へ一歩踏み出し視野が広がり、何かを気づくきっかけになっていただけたら、

地球に感謝の気持ちを少しでも持つきっかけになっていただけたら、

この上なく幸いです。

一人ひとりの感謝の『気持ち』は地球を健康に笑顔にする。

その笑顔は、私たちの笑顔へとも繋がっている。

Thank you for the Earth💙

And...Thank you for yourself!!   

         Tomoko Yasumori